Ivan Edward Sutherland

第28回(2012)受賞

先端技術部門

情報科学

アイバン・エドワード・サザランド

/  コンピュータ科学者

1938 -

ポートランド州立大学 客員研究員

記念講演会

ものの見え方

2012年

11 /11

会場:国立京都国際会館

ワークショップ

コンピュータグラフィックスとバーチャルリアリティ~その原点から、未来展開を考える~

2012年

11 /12

13:00~17:30

会場:国立京都国際会館

業績ダイジェスト

コンピュータグラフィックスと対話的インタフェースにおける先駆的業績

情報提示のためのコンピュータグラフィックス技術と、それを用いて、プログラミングすることなくコンピュータを使うことのできる対話的インタフェースの発展に先駆的かつ根幹的な貢献を行った。

贈賞理由

アイバン・エドワード・サザランド博士は、情報提示のためのコンピュータグラフィックス技術と、それを用いて、プログラミングすることなくコンピュータを使うことのできる対話的インタフェースの発展に先駆的かつ根幹的な貢献を行った。

コンピュータグラフィックスは、映画やゲームなどの娯楽、教育教材、科学技術シミュレーション、産業界での設計支援などに幅広く使われている。今日のコンピュータグラフィックスの発展は、1963年にサザランド博士が開発した「スケッチパッド」が起点となっている。このシステムは画面上の図形を指示デバイスで直接的に操作するもので、その対話的インタフェースは時代を遥かに超えた先進的なものであった。スケッチパッドは、描画対象を、構成部品とその相互関係で表すことによって、粗いスケッチから正確な図面を自動的に生成することができた。これは現在のCAD(コンピュータ支援設計)システムの源流をなすものである。

サザランド博士は、また、大きさの限られた画面上に、描画対象のどの線分や面を表示すべきかを決定する方法など、コンピュータグラフィックスの基本アルゴリズムを数多く考案している。さらに、最初のヘッドマウント3次元ディスプレイシステムである「ダモクレスの剣 (The Sword of Damocles) 」の開発を行い、バーチャルリアリティの世界を切り拓いた。

サザランド博士は、大学での研究活動にとどまらず、企業での製品開発にも積極的に取り組んだ。1968年にユタ大学の同僚と共に、エバンス・アンド・サザランド計算機社を設立し、コンピュータグラフィックスワークステーションESVシリーズなどを開発した。サザランド博士の研究グループは、シリコングラフィックス社、ピクサー・アニメーション・スタジオやアドビ システムズ社の創立者をはじめ、多くの優れた人材を輩出している。

これらの業績からコンピュータグラフィックスの父とも呼ばれるサザランド博士は、コンピュータの対話的利用を可能とする世界の創出に多大な貢献をした。

以上の理由によって、アイバン・エドワード・サザランド博士に先端技術部門における第28回(2012)京都賞を贈呈する。

プロフィール

略歴
1938年
米国ネブラスカ州ヘースティングス生まれ
1963年
マサチューセッツ工科大学 博士号(電気工学)
1964年
米国国防総省高等研究計画局 情報処理技術研究部門 部長
1965年
ハーバード大学 准教授
1968年
エバンス・アンド・サザランド計算機社 共同創立者・副社長
1968年
ユタ大学 教授
1974年
カリフォルニア工科大学 教授
1975年
ランド・コーポレーション 上級技術スタッフ
1980年
サザランド・スプロール・アンド・アソシエイツ社 共同創立者・副社長
1991年
サン・マイクロシステムズ 副社長・フェロー
2009年
ポートランド州立大学 客員研究員
主な受賞・栄誉
1983年
スティーブン・A・クーンズ賞、ACM(米国計算機学会)SIGGRAPH
1986年
エマニエル・R・ピオレ賞、IEEE(米国電気電子学会)
1988年
チューリング賞、ACM
1998年
ジョン・フォン・ノイマン・メダル、IEEE
会員:
米国科学振興協会、ACM、IEEE、米国工学アカデミー、米国科学アカデミー
主な論文・著書
1963年
Sketchpad: a Man-Machine Graphical Communication System, in Proceedings of the AFIPS Spring Joint Computer Conference 23: 329-346, 1963
1965年
The Ultimate Display, in Proceedings of IFIPS Congress 2: 506-508, 1965
 
1968年
A Head-Mounted Three-Dimensional Display, in Proceedings of AFIPS Conference 33: 757-764, 1968
1974年
A Characterization of Ten Hidden-Surface Algorithms (with Sproull, R. F. and Schumacker, R. A.), ACM Computing Surveys 6: 1-55, 1974
1999年
Logical Effort (with Sproull, R. F. and Harris, D.), Morgan Kauffman, 1999

プロフィールは受賞時のものです

インタビュー映像