1. 京都賞は、科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方々の功績を讃える国際賞です。毎年、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の各部門に1賞、計3賞が贈られます。

2. 受賞者は、各部門とも原則として個人ですが、複数名の受賞もあります。また、国籍、人種、性別、年齢、信条などは問いません。受賞者には、ディプロマ、京都賞メダル(20K)および賞金が贈られます。賞金は1賞につき5,000万円です。

3. 各部門とも4つの分野を授賞の対象としております。毎年それぞれの部門で授賞対象分野を定めます。

4. 選考の対象となる候補者は、財団が年ごとに信任する国内・海外の有識者からの推薦によるものとします。

5. 選考は、各部門の専門委員会、審査委員会および京都賞委員会の3段階からなる京都賞審査機関によって、公平かつ厳正に行われます。

6. 受賞者の決定発表は毎年6月、京都賞授賞式および関連行事は毎年11月に行われます。

PAGETOP