第35回(2019)京都賞記念ワークショップ

広域スカイサーベイによる宇宙探査: 天文学の過去から未来へ

ジェームズ・ガン

/  宇宙物理学者

基礎科学部門

地球科学・宇宙科学

2019年

11 /13

10:00~17:00

会場: 東京大学医学部教育研究棟 鉄門記念講堂

住所:東京都文京区本郷7-3-1 MAP

定員:250名(申込受付順)

言語:英語のみ

入場無料

出演者

岡村 定矩

須藤 靖

松井 孝典

千葉 柾司

宮﨑 聡

高田 昌広

Constance Rockosi

田村 直之

大栗 真宗

プログラム

企画・司会 岡村 定矩 [東京大学 名誉教授] 須藤 靖 [東京大学 教授]

10:00 開会挨拶 松井 孝典 [千葉工業大学 常務理事]
10:10 岡村 定矩 [東京大学 名誉教授]
「日本グループのSDSSへの参加」
10:30 須藤 靖 [東京大学 教授]
「穴あきアルミ板越しに見た宇宙」
10:50 受賞者講演 ジェームズ・ガン [プリンストン大学 名誉教授]
「天文学における過去の遺産と未来のサーベイの展望」
12:00 昼食
13:20 千葉 柾司 [東北大学 教授]
「SDSSとすばるHSCサーベイによる銀河系の形成と進化」
13:50 宮﨑 聡 [国立天文台 教授]
「広天域探査観測の歴史と将来:SDSSからすばるへ」
14:20 高田 昌広 [東京大学 教授]
「Gunn先生と観測的宇宙論」
14:50 休憩
15:20 Constance Rockosi [カリフォルニア大学サンタクルーズ校 教授]
SDSSから生まれたDESI
15:50 田村 直之 [東京大学 特任准教授・PFSプロジェクト プロジェクトマネージャー(システムズエンジニア兼任)]
「すばる望遠鏡超広視野多天体分光器 Prime Focus Spectrograph プロジェクト:SDSS, HSC の偉大な成功後も、ガン博士の愛する「挑戦」は続いている。」
16:20 大栗 真宗 [東京大学 助教]
「SDSS、重力レンズ、クエーサー」
16:50 閉会

受賞者について

ジェームズ・ガン / James Gunn

宇宙物理学者

広大な領域の3次元デジタル宇宙地図を作るスローン・デジタル・スカイ・サーベイ計画の構想、機器開発、データ解析など、ほぼ全てにおける指導的役割を通じて、宇宙の進化史解明に貢献するとともに、先駆的な宇宙物理学理論を数多く発表し、人類の宇宙に対する理解に多大な影響を与えてきた。

受賞者詳細

関連情報

■主催:公益財団法人 稲盛財団
■共催:東京大学理学部物理学教室
■後援:京都府、京都市、NHK
■協賛:国立天文台 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構 東京大学大学院理学系研究科附属ビッグバン宇宙国際研究センター 東京大学大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター 東京大学理学部天文学教室 日本天文学会

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら
フォームよりお問い合わせください。

TEL:075-371-8080 [受付時間:平日(月~金)10:00~16:00]