第35回(2019)京都賞記念ワークショップ

有機ELの科学と技術:現在、そして広がる未来

チン・W・タン

/  化学者

先端技術部門

材料科学

2019年

11 /13

13:00~17:15

会場: 九州大学 稲盛財団記念館

住所:福岡市西区元岡744 (九州大学 伊都キャンパス内) MAP

定員:200名(申込受付順)

言語:英語のみ

入場無料

出演者

筒井 哲夫

安達 千波矢

Karolis Kazlauskas

梶 弘典

Sebastian Reineke

プログラム

企画・司会 筒井 哲夫 [九州大学 名誉教授] 安達 千波矢 [九州大学 教授]

13:00 開会挨拶・受賞者紹介 筒井 哲夫
13:10 受賞者講演 チン・W・タン [先端技術部門 受賞者]
「有機ELディスプレイ技術の発展」
14:10 休憩
14:20 Karolis Kazlauskas
[ヴィリニュス大学 チーフ・リサーチ・フェロー]
「高効率有機EL素子のためのTADF発光体の光物理学」
15:00 梶 弘典 [京都大学 教授]
「有機EL材料の分子設計」
15:40 休憩
15:50 Sebastian Reineke [ドレスデン工科大学 教授]
「高性能有機EL素子の理解と開発」
16:30 安達 千波矢 [九州大学 教授]
「OLEDから有機半導体レーザーへの新展開」
17:10 閉会挨拶 安達 千波矢
17:15 閉会

受賞者について

チン・W・タン / Ching W. Tang

化学者

二層からなる有機EL素子構造を考案し、発光効率が高く、低電圧で動く素子を初めて実現するとともに、構成材料や素子構造の改良で、さらに性能を向上できることを示した。この先駆的貢献により、 有機EL素子の実用化の道が開かれ、これを用いた表示装置や照明機器の実現と普及がもたらされた。

受賞者詳細

関連情報

■主催:公益財団法人 稲盛財団

■共催:九州大学

■後援:京都府 京都市 福岡県 福岡市 NHK

■協力:九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター

■協賛:応用物理学会 有機EL討論会 Society for Information Display 日本支部

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら
フォームよりお問い合わせください。

TEL:075-371-8080 [受付時間:平日(月~金)10:00~16:00]