1992年基礎科学部門生命科学(分子生物学・細胞生物学・神経生物学)
西塚 泰美  写真

西塚 泰美
(Yasutomi Nishizuka)

  • 日本 / 1932年-2004年
  • 生化学者
  • 神戸大学 医学部 教授

タンパク質リン酸化酵素「Cキナーゼ」の発見とその機能解析による細胞内情報伝達系の解明

タンパク質リン酸化酵素として「Cキナーゼ」の発見とその機能の解析により、新しい細胞内情報伝達系を解明し、その基本概念の構築に大きく寄与するとともに、癌化機構や多彩な生命現象の調節機構を明らかにするなど生命科学の進展に多大な影響を与えた。

プロフィール

略歴

1932年
兵庫県芦屋市に生まれる
1957年
京都大学医学部卒業
1962年
京都大学医学系大学院修了 医学博士号取得
1962
京都大学医学部医化学教室助手
1964
京都大学医学部医学教室助教授
1969年
神戸大学医学部生化学教室教授

主な受賞と栄誉

1986年
学士院賞
1988年
アルフレッド賞
1988年
文化勲章
1989年
ラスカー賞
1990年
イギリス王立協会 外国人会員

主な論文・著書

1977年

Studies on a protein kinase and its proenzyme in mammalian tissuse. I. Purification and Characterization of an active enzyme from bovine cerebellum. J. Biol. Chem. 252. (with Takai. Y. et al.) tronic Calculating Machine. J.Sci. Instr.26 (with Renwick, W.), 1977.

1982年

Direct activation of calcium-activated, phospholipid-dependent protein kinase by tumor-promoting phorbol esters. J. Biol. Chem. 257. (with Castagna, M. et al.), 1982.

1984年

The role of protein kinase C in cell surface signal transduction and tumor promotion. Nature. 308, 1984.

1984年

Turnover of inositol phospholipids and signal transduction. Science. 225, 1984.

1986年

Studies and perspectives of protein kinase C. Science. 233, 1986.

1988年

The molecular heterogeneity of protein kinase C and its implications for cellular regulation. Nature. 334, 1988.

贈賞理由

タンパク質リン酸化酵素「Cキナーゼ」の発見とその機能解析による細胞内情報伝達系の解明

西塚泰美博士は、タンパク質リン酸化酵素「Cキナーゼ」の発見とその機能の解析により、新しい細胞内情報伝達系を解明し、多彩な生命現象の調節機構や癌化機構を明らかにするなど、生命科学の進展に多大な影響を与えた偉大な生化学者である。

西塚博士はカルシウムイオンによって活性化される環状ヌクレオチド非依存性タンパク質リン酸化酵素を1977年に発見し、この酵素を「Cキナーゼ」と命名した。

Cキナーゼについての特に重要な研究成果は、細胞膜に依存するリン脂質が加水分解されて生成するジアシルグリセロールがカルシウムイオンの協調のもとにCキナーゼを活性化させるという、新たなタンパク質リン酸化酵素系が存在することを明らかにしたことである。

Cキナーゼは外部からの情報をカルシウムイオンとリン脂質の代謝を通じて、細胞へ増幅器のように伝える役割をしており、その機能は概念的に全く新しいものであった。

博士はその後、Cキナーゼが組織にほぼ普遍的に存在する細胞内情報伝達系の鍵となるものであることや、発癌剤であるホルボールエステルがCキナーゼを活性化し、Cキナーゼが細胞の増殖と癌化機構に密接に関わることを示した。

さらに1980年代後半には、Cキナーゼ遺伝子のクローニングにも成功し、複数種のCキナーゼが存在することを指摘し、それらが複雑な情報伝達を分担しあって作用していることを明らかにした。

西塚博士の業績は、一つの鍵酵素の発見とそれに関連した研究を通して、生体内における種々の生命反応をつかさどる細胞内情報伝達の機構を大きな体系として確立したもので、これらをまとめた研究論文の引用件数は、1984年、86年には世界でトップになるなど、多くの研究者の関心を集めている。西塚博士の一連の研究が生物学、医学の分野に与えた影響は計り知れない。

以上のような偉大な業績により、西塚泰美博士は第8回京都賞基礎科学部門の受賞者として最もふさわしい。

記念講演

記念講演要旨

科学における出会い

科学を志す者がその生涯をかけて描いてゆくストーリーには、数々の自然との出合い、人との出会いが織り成していて、そこには幾十年の風雪と共に、喜びと悲しみが秘められているのが常である。ことに生命現象を対象とする自然科学の場合、それが動きのない物質学ではなく、また単に一研究者の視覚に入るほど簡単ではないので、自然から教わると同様に、人から学ぶことが甚だしく大きな意味を持っている。

今日、「情報」という言葉を耳にすることがしばしばあるが、生命科学の領域でも「情報」に係わる研究が多くなった。ヒトの「からだ」を構成する細胞の数は50兆にも達するといわれていて、これらの膨大な数の細胞に共通する基本的な仕組みを追い続けた生命科学は、今では細胞間の絶妙な連繋プレーの失調や異常が記憶障害、がん、心臓病など、日常身辺にみる病気の成因となり、その解明が治療や予防に繋がっているからである。脳の働きと手足の運動、心臓の拍動と血圧調節など、細胞同士の見事な統制のとれた共同作業が営まれるには、数々のホルモンや神経伝達物質などの生理活性物質(情報物質)が、いわば潤滑油として働いている。こうした細胞間の連携プレーの仕組みの解明には、数え切れない程の多くの研究者達の思いが寄せられている。

私共の研究は、国の内外、広い世界での数々の科学者との「出合い」によって支えられている。これまでの歩みと未来への展望について、話題が提供できれば無上の幸せである。

【関連情報】
記念講演録(PDF)
ワークショップ

ワークショップ

「細胞内情報伝達網 -その研究と展望-」

Studies and Perspective of Cell Signaling Network

日時
1992年11月12日(木)13:00-17:30
場所
国立京都国際会館

プログラム

13:10
挨拶 稲盛 和夫 稲盛財団理事長
挨拶 広中 平祐 基礎科学部門審査委員会委員長、京都大学名誉教授
13:30
業績紹介 中西 重忠
13:40
講演 西塚 泰美 基礎科学部門受賞者
「プロテイン・キナーゼCの研究と展望-リン脂質代謝による細胞機能の調節-」
14:30
講演 眞崎 知生 京都大学医学部教授
「エンドセリンの血管平滑筋収縮作用」
15:10
休憩
15:20
講演 中西 重忠
「グルタミン酸受容体の分子生物学」
16:00
講演 長田 重一 大阪バイオサイエンス研究所部長
「細胞死と自己免疫」
16:40
講演 高井 義美 神戸大学医学部教授
「低分子量Gタンパク質の生理機能と作用機構」
17:20
閉会
PAGETOP