2005年思想・芸術部門音楽
ニコラウス・アーノンクール 写真

ニコラウス・アーノンクール
(Nikolaus Harnoncourt)

  • オーストリア / 1929年-2016年
  • 音楽家

古楽演奏の確立に貢献し、古楽演奏の視点から近現代音楽の作品でも新鮮な解釈を行っているオリジナリティに富む演奏家

厳密な時代考証に基づき、作曲当時の響きを追求し、音楽文化の復権を目指して活躍する演奏家であり、古い時代の作品の解釈に新しい風を吹き込み続けている演奏家である。そして、モダンのオーケストラにも古楽器の音楽の奏法を応用し、膨大な数のレパートリーでエネルギーに満ちた音楽を作り出している。

プロフィール

略歴

1929年
ドイツ ベルリン生まれ
1948年
ウィーン国立音楽院
1952年
ウィーン交響楽団 チェロ奏者
1953年
アリス ホフェルナーと結婚
1953年
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス 結成
1973年
ザルツブルク・モーツアルテウム大学 教授
1985年
シュティリアルテ音楽祭 創設
チューリッヒ歌劇場、コンセルトヘボウ管弦楽団、ヨーロッパ管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などで指揮のほか、国際音楽祭やツアーでの世界的な演奏活動、および膨大なレコーディングを行っている。

主な受賞と栄誉

1980年
エラスムス賞、オランダ
1992年
ディスク・グランプリ、シャルル・クロスアカデミー、フランス
1994年
ポーラー音楽賞、スウェーデン王立音楽アカデミー
1995年
ハンザ同盟ゲーテ賞、ハンブルクFVS財団、ドイツ
1997年
シューマン賞、ツヴィッカウ市、ドイツ
2002年
エルンスト・フォン・ジーメンス音楽賞、ドイツ
2002年
功労者(プール・ル・メリト Pour le Mérite)勲章
名誉博士
エジンバラ大学 音楽博士(1987)
名誉会員
ウィーン・コンツェルトハウス協会 (1988)、ウィーン楽友協会(1992)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(2004)

主な業績

演奏

マンハイム宮廷の音楽 1963

J. S. バッハ カンタータの全曲録音 1970-1990

モンテヴェルディ オルフェオ、ポッペアの戴冠、ユリシーズの故国への帰還、他 (ジャン=ピエール・ポネル演出)1975-1977

J. シュトラウス II 喜歌劇こうもり 1988

ベートーベン 交響曲全集 1991

ウェーバー 歌劇 魔弾の射手 1996

バッハ マタイ受難曲 2001

モーツァルト ドン・ジョヴァンニ、皇帝ティートの慈悲 2002

著書

『古楽とは何か 言語としての音楽』 樋口隆一、許光俊訳、音楽之友社 1997

『音楽は対話である』 那須田務、本多優之訳、アカデミアミュージック 1992

(原著はそれぞれ1982年、1984年出版)

贈賞理由

古楽演奏の確立に貢献し、古楽演奏の視点から近現代音楽の作品でも新鮮な解釈を行っているオリジナリティに富む演奏家

ニコラウス・アーノンクール氏は、厳密な時代考証に基づき、作曲当時の響きを追求し、音楽文化の復権を目指して活躍する音楽家であり、古い時代の作品の解釈に新しい風を吹き込み続けている演奏家である。

ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者として活動を始めたアーノンクール氏は、作曲された時代の楽器を復元して用いるだけではなく、オリジナルのスコアや演奏法・演奏習慣・当時の音楽観まで含めた背景を忠実に辿り、音楽にこめられたメッセージを現代に蘇らせる演奏活動を続けている。作曲された時代から時が推移するに従って、単なる響きの美しさや華やかな技巧を追求する音楽演奏がもてはやされるようになったことを憂慮し、かつて生きた「言語」として機能していた音楽に対し、その文化的な地位を復権させることを目的として一貫して指揮活動を行っている。

アーノンクール氏は、ウィーン交響楽団のチェロ奏者を務める傍ら、古楽、古楽器の研究に力を注ぎ、1953年には、アリス夫人と共に古楽器によって演奏を行うウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(CMW)を結成した。CMWは、ルネサンスやバロック期のアンサンブル作品から、古典派、ロマン派へとレパートリーを広げ、声楽を含め、膨大で多彩な録音を行った。1971年からレオンハルトと分担して行ったバッハのカンタータの全曲録音は、1960年代の冒頭から開始された古楽器運動のもっとも大きな成果の一つである。この他にも、1970年代半ばに演出家ポネルと組んだモンテヴェルディのオペラ三部作、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団と取り組んだモーツァルトやハイドンの一連の管弦楽作品の演奏も代表作である。

1980年代以降は、ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ヨーロッパ室内管弦楽団との緊密な活動を通じ、モダン・オーケストラに古楽器の奏法を応用し、エネルギーに満ちた音楽を作り出して指揮者としての高い評価を得た。そこでは、時代考証に基づく演奏のみならず、自らの音楽的想像力の作用を重視して演奏を行っている。演奏活動の他にも、ザルツブルク・モーツァルテウム大学で講義や著作活動、及びグラーツのシュティルアルテ音楽祭の主宰など、氏の活動は多方面にわたる。

以上のようにアーノンクール氏は、音楽の理論と実践、歴史と現在を広い視点から捉え、人間にとって音楽の領域を広大なものに開拓してきた音楽家である。

よって、ニコラウス・アーノンクール氏に思想・芸術部門における第21回(2005)京都賞を贈呈する。

記念講演

記念講演要旨

マリオネットからオーケストラへ

私は、音楽をこよなく愛する家庭に育つという幸運に恵まれました。父は、音楽家といってもよいほどの演奏技術の持ち主でした。私の決してあきらめない、そして、何事も当然のことだと考えない、という姿勢や考え方は、良くも悪くも父を手本に形成されたものです。私はあらゆることに対して疑問を抱かずにはいられませんでした。1942年から1943年ごろには、私の考え方は、エーゴン・フリーデルの著作から大きな影響を受けました。

私は、好奇心旺盛な子供でした。一番の楽しみは、木を彫ってマリオネットを作り、人前で演じて見せることでした。この経験が後に、人々と協力して作業したり、いかに聴衆に感動を与えることができるかを知る上で、大いに役に立ちました。

病に伏せていたときの感動的な音楽体験が、私の人生を変えることになりました。ラジオでベートーヴェンの交響曲第7番を聴いた私は、音楽家になろうと決意したのです。

1948年から1952年まで学んだウィーン国立音楽院では、演奏法に関する考察や古楽や古楽器特有の響きの研究など、豊かな経験を積むことができました。この分析的な思考を通して、私なりの〈完成の域に達するための方法論〉を見出したのです。これが今では、人生全般に関する私の持論にもなっています。美に油断は禁物という考え方がそれです。

音楽に関するさまざまな問題に加え、決して忘れてはならないことは、聴き手が今という時代を生きる、現代人だということです。古楽の演奏では、技術の問題だけでなく、哲学的な問題がより重要になってきます。音楽が持つメッセージを伝えたいと願うのであれば、このことを忘れてはなりません。

1952年からオーケストラ奏者として生計を立てていた私は、1953年、妻とともにウィーン・コンツェルトゥス・ムジクス(CMW)を結成しましたが、CMWとしての仕事はフルタイムではありませんでしたし、私も妻も、「古楽のスペシャリスト」になるつもりはありませんでした。

私たちは、CMWのためにユニークな演奏曲目を集めました。CMWは、16世紀から18世紀に作られ、演奏され、その後現代まで忘れられていた作品を数多く演奏しました。私にとって重要なステップとなったのが、モンテヴェルディのオペラの器楽編成と上演を行なったことです。私がオペラを指揮するようになったのは、これがきっかけなのです。

ザルツブルクの〈モーツァルテウム音楽院〉で〈演奏実践〉を教えたことは、私の音楽家人生において、たいへん重要な位置を占めています。その授業は、演奏法に関する私の決断の妥当性を学生の前で証明する場となりました。

1986年、練習時間が十分とれなくなったため、私はチェロの演奏をやめました。今の私は、最良の演奏家たちと共演するというすばらしい幸運と、現存する最高の音楽作品を演奏する特権に恵まれています。とても感謝しています。

【関連情報】
記念講演会(PDF)
ワークショップ

ワークショップ

「アーノンクール イン 京都」

Harnoncourt in Kyoto

日時
2005年11月12日
場所
国立京都国際会館
企画・司会
佐野 光司[(審査委員会 委員)桐朋学園大学 教授]

プログラム

1:00
開会挨拶 稲盛 豊実[稲盛財団 専務理事]
受賞者紹介 佐野 光司
受賞者講演とパネル討論 『アーノンクールは語る/アーノンクールと語る』
座長 伊東 信宏[(専門委員会 委員)大阪大学 助教授]
受賞者 ニコラウス・アーノンクール[思想・芸術部門 受賞者]
講演 "The Charm of Musical Notation"「楽譜の魔力」
パネリスト(五十音順) 荒川 恒子 [「古楽コンクール(山梨)」実行委員会委員長、山梨大学 教授]
鈴木 雅明 [バッハ・コレギウム・ジャパン 音楽監督、東京藝術大学 教授]
樋口 隆一 [明治学院バッハ・アカデミー 芸術監督、明治学院大学 教授]
休憩
公開演奏指導 ニコラウス・アーノンクール
京都フィルハーモニー室内合奏団
曲目:モーツァルト 交響曲第33番 変ロ長調 K319 より
5:00
閉会
PAGETOP